MF文庫J編集部ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『まよチキ!2』アイコン立ち読み

ssです。

MF文庫J1月新刊は間もなく発売日ですよー。
その中でssおすすめのタイトルが、あさのハジメ先生と、ゲーム『BALDER SKY』などでご活躍の菊池政治先生のコンビによる、MF文庫Jライトノベル新人賞〈最優秀賞〉受賞作の第2巻『まよチキ!2』
詳細は上記リンク先の文庫Jサイトをご覧いただければと思いますが、美少女執事・近衛スバルとその主の涼月奏が、主人公の近次郎の家にやってきてドタバタを繰り広げるという内容になっております!

1巻に引き続き、テンポの良い会話と素晴らしいイラストが魅力の本作。
今日はその魅力を改めてお伝えするため、1巻のときにもやってみたアイコン立ち読みなどやってみようかと。
あ、1巻をまだ未読のかたは、こちらの紹介記事などもご覧くださいね!
ではでは、近次郎が休日を満喫する気まんまんでいたところに、『ゴッドファーザー』の着メロ(奏専用の着信音)が鳴り響いたシーンですー。

------------------------
 重い足取りで部屋に戻って、爆発物でも解体する面持ちでケータイの画面を確認。画面にはしっかりと『デビル涼月』の文字が浮かんでいやがった。

近次郎アイコン
「……よし」

 スーハーとまるでインドヨガばりに深く大きく深呼吸。
 最低限の冷静さは保っておこう。
 何を言われても揺るがない。きっと今この電波の向こうにいる女と話すときに必要なのはそんな鋼の意志だろう。
 オオカミとコブタの話じゃないが、決して外敵が入り込めない強固な家を建ててやる。
 来るなら来やがれ。
 強気な志を秘めながら、俺は覚悟を決めてピッとケータイの通話ボタンを押して――。

まよチキ!奏アイコン
『ねぇジローくん。どうして私の着メロがゴッドファーザーのテーマなのかしら』

近次郎アイコン
「どうしてわかったんですか!?」

 思わず丁寧語でツッコミを入れていた。 
 ……ダメじゃん、俺。
 何が強固な家を建ててやるだよ。
 たった一息で吹き飛ばされちゃったじゃん……。

まよチキ!奏アイコン
『まったく、やるんならせめてダースベイダーのテーマが良かったわ。そっちの方が私のイメージに合ってるのに』

近次郎アイコン
「あっ、やっぱり? 実は俺もその二つのどっちにするかギリギリまで迷って……って、そうじゃねえ! なんでおまえが俺の着信設定を知ってるんだよ!」

 誰にも言ってなかったのに。ひょっとしてこの女はエスパーか。だとしたらスプーンを曲げたり、ボストンバッグに入ったりできるのかもしれん。

まよチキ!奏アイコン
『そんな便利な能力は持ってないわよ』

 さらっと俺の思考を言い当ててから、涼月は得意げに続けた。

まよチキ!奏アイコン
『あなたの家に仕掛けた監視カメラと盗聴マイクを使えば、着メロをチェックするなんて容易いことだもの』

近次郎アイコン
「明らかにそっちの方が問題だよね!?」

まよチキ!奏アイコン
『苦労したのよ。なにせ設置したカメラの数はお風呂場のも含めて一二〇台』

近次郎アイコン
「嘘つけ!」

まよチキ!奏アイコン
『ジローくんって、いっつも腋の下から洗うのね』

近次郎アイコン
「マジで仕掛けられてる!?」

まよチキ!奏アイコン
『それと成人向け雑誌の隠し場所も変えた方がいいわ。学習机の二番目の引き出しの二重底の下でしょう』

近次郎アイコン
「やめて! これ以上人の個人情報を公開しないで!」

まよチキ!奏アイコン
『ごめんなさい。実はこの映像、ニコ×コ動画で生放送されてるの』

近次郎アイコン
「てめえええええええええっ!」

まよチキ!奏アイコン
『でも大丈夫。ちゃんと規制はかけてるから』

近次郎アイコン
「……規制?」

まよチキ!奏アイコン
『R-70。70歳未満の方はご覧になることができません』

近次郎アイコン
「難易度高ぇええっ!」

まよチキ!奏アイコン
『人生の酸いも甘いも経験した人間しか見ることができない。あなたの日常はそういうものでしょう』

近次郎アイコン
「どんだけハードル高い日常生活を送ってんだよ俺は……」
------------------------

続きは文庫でお楽しみください!

まよチキ!〈2〉 (MF文庫J)まよチキ!〈2〉 (MF文庫J)
(2010/01/31)
あさの ハジメ

商品詳細を見る


まよチキ! (MF文庫J)まよチキ! (MF文庫J)
(2009/11/21)
あさのハジメ

商品詳細を見る









ブログをご覧の読者の方々へのスペシャルサービスとして、文庫Jサイトの立ち読みにも載っていない、文庫でしか読めない部分をもう一箇所抜き出してみるよ!
妹・紅羽が拾ってきた犬(コジロー)に、犬としゃべれるようになる機械を奏が取り付けたシーンです。

------------------------
 さて、どうしよう。もちろん犬と喋るのは初体験である。
 ファーストコンタクト。人間だったら趣味とか出身地やらを訊くのがセオリーだろうが、そこまでの会話は望めまい。なのでここは……。

近次郎アイコン
「おはよう、コジロー」

 とりあえずあいさつしてみた。するとコジローはお返しとばかりに「ワン」と一声。
 数秒の間があったあと、さきほどの可愛らしいアニメ声で、

まよチキ!コジローアイコン
『うっせえ、ガキ』

近次郎アイコン
「!」

まよチキ!コジローアイコン
『気安く話しかけんじゃねぇよ』

近次郎アイコン
「………」

まよチキ!コジローアイコン
『自分の立場がわかってんのか? この学歴社会の犬が』

近次郎アイコン
「犬に犬って言われたぁ―――――っ!」

 あまりの返答に驚愕する俺。
 なんだコイツ! めちゃくちゃ普通に会話してきたぞ! ていうかさっきの『ワン』にこれだけの内容が含まれてたのか!?

まよチキ!紅羽アイコン
「どうしたの兄さん。朝から叫んだりして」

 リンゴをしゃりしゃりかじりながら紅羽が戻ってきた。

近次郎アイコン
「く、紅羽? この犬おかしくない? なんかこの国の教育制度についてすげえ批判してきたんだけど……」

まよチキ!紅羽アイコン
「えーっ、そんなことないよ。ねぇコジロー」

 紅羽が笑顔で話しかけると、再びコジローは「ワンワン」と鳴いて――。

まよチキ!コジローアイコン
『助けておねえちゃん! この人がぼくをいじめる!』

近次郎アイコン
「!?」

まよチキ!コジローアイコン
『さっきからぼくのことを値踏みするような目で見つめて……』

近次郎アイコン
「………」

まよチキ!コジローアイコン
『ぐへへ、良い身体してんなぁボウヤって、すっごくゲスな笑いを浮かべるんだ!』

近次郎アイコン
「浮かべてねぇえええええええっ!」
------------------------

改めて、文庫をよろしくね!
まよチキ!〈2〉 (MF文庫J)まよチキ!〈2〉 (MF文庫J)
(2010/01/31)
あさの ハジメ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| スペシャル | 20:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。